各種契約書・内容証明の作成に関すること

 権利と義務の関係には、個人対個人、個人対事業者(官公庁も含みます。以下同様)そして事業者(官公庁)対事業者(官公庁)の間に法律的な効果を発生(存続、変更、消滅等)させる契約(覚書、念書なども契約書の一種です)があります。行政書士の権利義務に関する業務とは、これら契約文書を作成(代理作成も含みます)する業務です。

  • 売買、貸借、請負、雇用、身元保証等の契約書
  • 遺言書、遺産分割協議書等の作成
  • 各種内容証明の作成
  • 法人設立のための書類(発起人会議事録を含む創立総会議事録、取締役会議事録、株式申込書、定款等)
  • 就業規則を含む各種規則
  • 念書、示談書、協議書、覚書、合意書、嘆願書、請願書、上申書、始末書等
  • 自動車損害賠償保険法の規定による保険金の請求に係る書類の作成
  • 著作権登録、著作物の確定日付、プログラム登録、著作権契約

※ その他の書類作成については、行政書士にご相談ください。

ページ上部へ戻る