交通事故相談、自賠責請求に関すること

 いつ起こるかわからない交通事故。加害者、被害者の双方共大変なストレスのかかる出来事です。
加害者側は多くの方が自動車保険(任意保険)を付保しているので、多くは損害保険会社の担当者が手続きをしてくれます。
大変なのは、もらい事故の被害者側です。通常、被害者側の保険会社でさえ、もらい事故については、一部の適用になる部分以外、手続きはしてくれません。
「どちらかが保険に加入していなかった」「保険が切れていた」という場合は深刻です。特に被害者側の方は、事故が起きたら、すぐ警察に通報し事故処理をしてもらい、さらに保険担当者に連絡して事故報告をします。そんな時、できるだけ早い機会に行政書士に相談してアドバイスをもらうのが賢明な方法と思われます。例えば、次のような時は・・・

  • 追突事故の被害者(過失0)の事故なのに、自分の加入している保険会社が対応してくれない
  • 相手や自分が保険に入っていなかった
  • 保険会社から損害賠償の提示を受けたが、根拠や説明がわからない
  • 事故による痛みがまだあるのに保険会社から治療費の打ち切りを告げられた
  • 後遺障害認定の内容が納得いかない、認定が適正かを知りたい
  • 当座の費用がかかるので、仮渡金をもらいたい
  • ひき逃げされ、どうして良いかわからない
  • 事故現場の実地調査をして事実を証明してもらいたい
  • 半分以上過失があっても、減額されない自賠責のしくみを知りたい

示談をしてしまってからでは遅いので、示談する前に交通事故に詳しい行政書士にご相談下さい。
※ 行政書士は、示談交渉はできません。

ページ上部へ戻る